オンラインゲーム『MapleStory』のファンサイト兼リアル(山)日記です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初登山
2009年05月18日 (月) | 編集 |
ウワオ!


下界に帰ってきたらとんでもないことになってますね


なになに?


兵庫と大阪で豚フルの感染者合わせて100人以上?


ぼくの大学の学生そのへんからいっぱいきてるんですけど;;;;;;;;;


絶対感染者いるでしょう…


まあなんでもいいから早く休校になればいいんですけどね@c@


さあ今日のネタは土日の初登山の様子でも


比良というところへ行ってきました


親から家に眠ってたデジカメ送ってもらったんで写真バリバリですよ!


では追記で



コメント書くのもめんどくさいから写真ベタベタでいきますよ


写真によってはクリックで拡大できます




逕サ蜒・001_convert_20090518131330




集合場所の京都駅


名古屋駅よりもグレードはかなり高いですな


なんだかんだで見送りとして4回生が来てまして


メロンとかゼリーとかいっぱいくれました


こんな重いものを…とか思ってましたが先輩は余裕の表情でザックにいれてましたね


ぼくなんて自分の荷物でいっぱいいっぱいなのにスゲエ


もう出発の時点で驚くことばかりでした




逕サ蜒・003_convert_20090518131606




登山口のある駅に到着


さえない天気に気分も沈みながら準備体操していざ出発


人数が多いので2PTに別れてのアタックになります


正直山に入る前で(えっ、これヤバくないすか)状態でした


案の定山に入って30分もしないうちに息が上がってきまして


おいおい先輩歩くの早すぎだろ!!


40~50分歩いたところで休憩はとるんですけど、足腰にどんどん張りが出てきまして


そりゃこんな重いもの担いで登ってりゃ当然ですな


ってまだ登り始めて1時間くらいしか経ってないよ!




逕サ蜒・005_convert_20090518131939




逕サ蜒・004_convert_20090518131703




ウワー


ほんとここで助けられました


やっぱり登山の醍醐味といえば景色


こういう癒しがないと持ちませんよ


精神的には100%回復してレッツゴー山頂


といきたいところでしたがなんと雨雨雨


ここから2時間ほどありましたがしんどすぎて記憶がありません


というかずっと下向いて歩いてましたから写真もありません


足があがらん・・・


とろとろとろとろ歩いてたんでみんなに迷惑をかけてしまいました


それでもまあなんとか予定通りにキャンプ場に着きまして、すぐテントイン


火で温まりながらもう片方のPTを待つこと2時間


道間違えて遅れたらしいです


そして昼15時半くらい?からカレーを作り始めました


こら格別にうまいですなあああ


疲れた体に一番効きます


雨の寒さが一段とうまさを引き立てたんじゃないですかね


そりゃ晴れてた方が外で作れて楽だし楽しいんでしょうけどねーーーー


先輩曰く「雨だと何もおもろいことないで」


おっしゃる通りかもしれません・・・


その後は先輩の面白い話を聞きながら差し入れのメロンやらを食うこと2時間ほど


就寝の時間です


寝る前はウレシーでしたが横になるとお目々パッチーリ


全く寝付けないwww


19時半就寝ってのが影響してるのかもしれませんがめちゃくちゃ疲れてるはずなのに…


前日も4時間ほどしか寝てないので眠れそうなもんですが


慣れないものはダメなんでしょう・・・


下山して他の1年3人に聞きましたら、内2人はグッスリ8時間ごちそうさまだったそうで


羨ましい!


でも1人同志がいてちょっと安心


ほぼ寝ていないまま朝3時半起床でラーメン作って食って片づけて


一瞬の出来事のように4時半に出発です


なんという早さ


正直真っ暗で大雨で寒くてこのときが一番辛かったです


ですが5時になるころには雨が止んで日も昇ってきて、だんだんと精神的にも楽になりました


カメラを取り出す気力も戻りました




逕サ蜒・006_convert_20090518132017




今からここを登ります!って写真をとろうとしたら霧がすごくて見えねえ!


山頂に近付くにつれてものすごい風が出てきました




逕サ蜒・008_convert_20090518132231




兄さん・・・雲が・・・動いてるよ・・・


霧じゃなくて雲だったんですね


人生で初めて雲の上に出ました


飛行機にも乗ったことないんで!


晴れてたらもっと良かったんでしょうが初登山のボクにとってはこれでも壮観でした


興奮しながら歩いているといつの間にか




逕サ蜒・009_convert_20090518132435




初登頂!


今までの疲れもふっとぶ初登頂


このときは本当に感動しました


これぞこの部の醍醐味なのでしょう




逕サ蜒・010_convert_20090518132548




これから下山です


今思えばここからまた6時間は歩いたんですね・・・




逕サ蜒・013_convert_20090518132640




綺麗な沢です


ここで休憩したときが一番癒されました


ですが石だらけで、歩くと足が痛くなります


人生で初めて石が憎いと思いました




逕サ蜒・016_convert_20090518132756




ラスト下山道!


この前あたりで雨が本格的になってきました


ラストでもウネウネウネウネこの坂道がめちゃくちゃ辛い


下り切れば下界だと分かっていながらの焦らしは辛い!


しかも滑り止めの石がゴロゴロ転がっているので足が・・・


地上に辿り着いたときには足パンパンでした




逕サ蜒・017_convert_20090518132847




ゴール!!


ふわあああああ長かったよ


ここで先輩と火遊びしながら別PTを待ちました


このあとの打ち上げは疲れているにもかかわらずとても楽しかったです


先輩たちは全く疲れてる表情をしてませんでしたね・・・


まあ夏にはとんでもない合宿がありますから、こんなのは序の口なのでしょう


体力不足を露呈してしまったのでもっとトレーニング頑張らないといけませんな


早く先輩たちのように歩けるようにならねば!


下半身に疲れが残ってますが明日は学校ですw


まだ月曜休みなだけましですな



冒頭と言ってること全然違うじゃないすか


書き出すと止まらなくなっちまいます


それくらいいろいろあったということですな


まだ他にも女性の先輩が橋を渡ってる途中に端が落ちかけた話とかありますけど


長くなるから省略の嵐で


じゃあ眠いから風呂ってきますよ


とんふる休校こないかなーーー
コメント
この記事へのコメント
ワンダーフォーゲル楽しそうだな・・・
2009/05/19(火) 12:59:47 | URL | じゅーでん #-[ 編集]
正直言うと死ぬほどつらかったですよ
2009/05/19(火) 23:23:11 | URL | しょーか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。