オンラインゲーム『MapleStory』のファンサイト兼リアル(山)日記です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


らすとですよ
2009年07月13日 (月) | 編集 |
2次合宿最終日


この日だけで足が壊死する5秒前になりました


下りしんどい・・・



1-2-58.jpg




テント撤収


この日もきっちり1時間内に終えることができました




1-2-59.jpg




出発早々雨がパラパラ


ザックにもカッパを着せてあげます




1-2-60.jpg




朝焼け!


前日は撮るの忘れてたんで今日こそはと思ってました


ちょうど雲が晴れてくれて良かったです




1-2-61.jpg




今合宿最後の上りを終えました


あとは延々下りです




1-2-62.jpg




この横を通ってきたのか・・・


この巨大岩登れるらしいです




1-2-63.jpg




さあ靴ひもを結びなおして一気にウネウネ下りです


重いザックを背負ってると上りより下りの方がしんどいです




1-2-64.jpg




つんのめりそう


指先がどんどん痛みに蝕まれていきます




1-2-65.jpg




2時間近くかけて下り切りました


地獄でしたよまったく




1-2-66.jpg




山の最後になると大体こんな感じ


登山者のことを一切考えていない橋


すべったらどうすんの!




1-2-67.jpg




でも沢はキレイ




1-2-68.jpg




危ない危ない




1-2-69.jpg




気をつけて!




1-2-70.jpg




でも沢はキレイ




1-2-71.jpg




沢ガニのバラバラ死体・・・




1-2-72.jpg




最後の橋を越えて




1-2-73.jpg




あとちょっとや!




1-2-74.jpg




ここを下り切ると




1-2-75.jpg




登山口!!


ハー長かったよ


もう足パンパン




1-2-76.jpg




おいなんだこの下りは・・・


地図をよく見ると登山口からバス停までまだめちゃくちゃありました


仕方がないので足の痛みは景色で誤魔化すことに




1-2-77.jpg




下では沢の音が




1-2-78.jpg




滝の音が




1-2-79.jpg




鉄分含みまくりの水


真赤でした




1-2-80.jpg




のどかやなあ




1-2-81.jpg




水浴びしたい・・・




1-2-82.jpg




今度は生きてるか!




1-2-83.jpg




やっとこさバス停に着きました


はぁ・・・やっとスリッパに変えれるよ




1-2-84.jpg




バスの中では白目むいて意識が飛びそうになるほど眠たかったです


この近くで温泉に入り、先輩に讃岐うどん奢ってもらいました


やっぱり自分で作るうどんとは違うな・・・




1-2-85.jpg




高速バス到着


さあ帰るぞ!


帰りは吉野川と瀬戸大橋を通るので自分に喝を入れて起きてました




1-2-86.jpg




1-2-87.jpg




瀬戸大橋からの景色は夕日に照らされてとても綺麗でした


同時に合宿も終わっちゃったなという寂しさも感じられまして


こんなこと思えるのは2次合宿だから?


この部のメインディッシュ、夏合宿は1週間以上続くんですよ・・・


まだまだ甘い甘い


もう夏合宿までは1か月切ってます


それまでにできる限りの事はしていきたいですね


夏も最高の合宿ができるように!


ひとまず2次合宿はお疲れ様でした
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。