オンラインゲーム『MapleStory』のファンサイト兼リアル(山)日記です
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏合宿part3
2009年10月03日 (土) | 編集 |
ちょっとサボってしまって申し訳がないのですよ


いよいよ今合宿も中盤から終盤へ


「これぞ北」な4日目~5日目まで


全てが目に焼き付いてます


夏合宿part1
夏合宿part2


では追記で

4日目



3日目夕方、気象情報を聞くと四国のちょうど下あたりに台風が接近していることが判明


行程変更を余儀なくされます


ここで出た案が2つ


①この日4日目と翌日5日目の行程を合わせて11時間行動をして5日目沈澱(行動せずに停滞すること)
②この日を行程通りに進み、翌日沈澱(合宿自体1日延長)



4日目の夕方から5日目夜までの天気がよろしくないようなのでどちらにしても5日目は完全休養


僕はガンガン②を推したんですが、早く帰りたい組の勢力に負けて①に・・・


正直な感想、①の案は相当危ないような気がするんですけどね


夏山の鉄則「14時前到着」ができなくなるし、台風近づいてるのに3000m地点でテントを貼るのはどう考えても危険です


結局夜中2時半起き3時半出発というとんでもない行程になっちまいました




1-夏-55




真っ暗だし眠いし寒いし!


ちょっとイライラしながら歩いていると見事な朝焼け


モチベーション50%うp




1-夏-56




焼けるぜ太陽さん


2時間後




1-夏-57




ピークが3県の県境にある山




1-夏-58




みつまたれんげだけ




1-夏-59




今日はあの尖がっちゃってるところに行くんだぜ・・・


まだまだ遠い




1-夏-60




ちょこんと出てるとんがり




1-夏-61




4日目ということで体もだいぶ慣れてきました


ガンガン行ってしまう




1-夏-62




1時間足らずで到着




1-夏-63




しばらくはまっすぐ延々と続く黄緑の道


槍が手に取れそう


ですが近づくにつれてどんどんその姿は大きくなります




1-夏-64




白の絵の具で描いたみたい




1-夏-65




双六小屋到着


それにしてもこの先本当に荒れるのかと疑問になるほどの蒼天


本来ならこの日はここで終わりだったのに・・・


時はまだ8時過ぎ


水を満タンに汲み、槍が岳を目指して試練の道へ


いきなりの急登




1-夏-66




ハァハァしながら気合で登りました




1-夏-67




超グリーン




1-夏-68




ピークハンティングピークハンティングへへへへ




1-夏-69




だいぶ近づいてきました




1-夏-70




初の鎖場


剱を終えた今振り返ると全然大したことなかったです


鎖場とも言えない鎖場


ただ雨が降ってると危ないかもしれないです




1-夏-71




あらまぁ可愛らしいこと




1-夏-72




11時40分頃、西鎌尾根に差し掛かる手前から槍が雲の中にすっぽり


徐々に天候が崩れてきます




1-夏-73




結構絶壁なんですよ




1-夏-74




ここを過ぎてからついに雨が本格化


避難のしようない狭く急な道が続く中、雷が鳴り始めたら一貫の終わりですな




1-夏-75




上も下も見えずどこまで続くかも分からない急登


寒いし辛いし怖いしで今合宿一番の厳しさでした




1-夏-76




あとちょっとなんだろうか・・・




1-夏-77




頭を真っ白にして歩き続けること1時間ちょっと


いつの間にかという感じで達成感も何も、早くテントに入りたくてしょうがなかったです




1-夏-78




ありがとうございます・・・


結局僕のPTは10時間40分行動(休憩も含む)の14時13分着でした


まあ時間的にはギリギリセーフなんですが、いつ雷が鳴ってもおかしくない状況で歩いたのは反省しなければいけないんじゃないでしょうか


計画が少し強引に感じました


もう片方のPTは15時半到着とかになってましたし


まあ反省は反省として無事に着けたのは何よりでした


とにかくガスと雨と風がもの凄くて目の前にあるはずの槍ヶ岳ピークが全く見えませんでした


槍ヶ岳アタックは6日目朝に延ばして4日目はこのまま槍ヶ岳山荘のキャンプ場で終了


3000mより上にあるキャンプ場・・・


意外とテントは多くて、お隣さんも大学のサークルでした


沈澱日の5日目は予報通り見事に朝から夜まで雨


音楽聴いたり本読んだり大富豪したり


大雨の中の沈澱はビックリするほど暇でした


それに浸水が困りもの


マットとマットの間から漏れてきてケツツメテエ状態


新しいテント買ってください・・・


そんなこんなで暇な5日目も終了


いよいよ6日目は待ちに待った槍ヶ岳アタックです


浮世離れした超絶景の1枚は次回で!


明日頑張って更新しますよ~~~~
コメント
この記事へのコメント
ハァハァしながら気合で登りました
ハァハァしながら気合で登りました
ハァハァしながら気合で登りました

これ登った後で見るとすがすがしそうっすね・・
2009/10/09(金) 07:32:02 | URL | c-navi #JXoSs/ZU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。